家づくりコラム

なぜ耐久住宅を建てるのか

日本の住宅寿命は28年と言われています。 しかし、これからの時代は違います。 今は昔のように、1500万円で「とりあえず雨風をしのげる」「夏は暑く冬は寒い家」という家が造られていた時代ではないのです。 現代は、安心して暮 […]

詳細を見る

結露と断熱

住宅で発生する結露には、表面結露と壁内結露があります。 壁内結露は、こちらのページをご覧ください  明友の住まいづくり   寒い冬に、窓が結露するといったものは表面結露。 対して、お家の壁の中の結露を壁内結露と […]

詳細を見る

耐震等級3が必要なのか?【家づくりコラム】

日本では2階建て以下の建物のほとんどが構造計算されていません。 これでは、大切な家が安心して住める家なのかどうかわかりません。 構造計算については、2021年1月28日の家づくりコラムで弊社の専務・池田が解説していますの […]

詳細を見る

なぜ高断熱住宅を建てるの?【家づくりコラム】

なぜ高断熱住宅を建てるの? ある家族の何気ない一日の始まりの話です。 男の子は冬の朝、寒くて布団から出るのが嫌でした。 なんとかして布団から出たとしても、寒いリビングで毛布に包まり、ぼーっとして時間が過ぎていきます。 そ […]

詳細を見る

気密測定を行いました

昨日、練馬区の新築の現場にて、気密測定を行いました。   気密性能は、C値という値で表し、1㎡あたりのすき間の面積を表します。数値が低いほど気密性能が高いことになります。 C値2.0以下で気密性能が良いとされ、 […]

詳細を見る

気密測定 家のすき間を集めると・・・

弊社では、新築では全棟、気密測定を実施しています。 気密を測定するために、外部の専門の検査員が測定を行います。   建物の窓、ドアをすべて閉めた状態で、家にどのくらいのすき間があるかを計測します。このような機械 […]

詳細を見る

パッシブデザイン

太陽の光と自然の風をとりいれて、きもちいい、エコな暮らしをしたい パッシブデザインとは、エアコンなどの機器だけに頼るのではなく、自然のエネルギーを活用し、快適でエコな住まいを実現しようという設計手法です。 冬は、太陽の光 […]

詳細を見る

涼しさのポイントは遮熱!

断熱だけでは抑えられない熱 家の中が暑くなる理由は、太陽からの強い日差し(赤外線)の輻射熱によって、住宅そのものが熱せられてしまうことにあります。 ポイントのひとつは断熱です。断熱材は熱伝導を抑え、外の空気が家の内側に伝 […]

詳細を見る
Pages: 1 2 3