なぜパッシブデザインが必要なのか【家づくりコラム】

断熱は熱を逃がさない、気密は温度差を少なくすることはできるというところまでは分かりました。

しかし、どちらも何かを生み出しているわけではないということにお気付きでしょうか。

快適な家に必要なのは、

『冬に対応の光を取り入れ、暖房をつけていなくても暖かくなる』

『夏は太陽の光をなるべく入れないようにすることで、家の中が暑くなることを防ぐ』ことです。

パッシブデザインとは、自然の光や日射や風を取り入れる設計によって、快適な室内の環境をつくることです。

パッシブは“受け身の”とか“受動的な”を意味します。

自然のエネルギーをつかうことによって、光熱費を安くすることもできるのです。

これがパッシブデザインです。

 

太陽の光と自然の風を取り入れ、気持ちの良い、エコな暮らしを提供いたします。

 

冬:日射を入れる(日射取得)

これには窓の配置、大きさが重要です。(南面重視、熱損失とのバランス)

窓は、むやみやたらにつければよいというわけではないのです。

設計するうえでは窓のメリットとデメリットを考えて設計します。

冬の窓は家の中の熱を逃がしてしまいます。しかしそれと同時に、直射日光の入る窓は太陽の熱を取り入れることができます。

言うなれば自然エネルギーのストーブです。

どこにどんな大きさの窓を配置するかが、家の性能を大きく左右します。

 

夏:日射を遮る(日射遮蔽)

庇、ブラインド、すだれなどを活用することが有効となります。

夏の日射を遮るには適切な日射遮蔽計画が必要です。日射遮蔽計画のできない設計者が図面を描くと、夏暑い家が完成してしまいます。

※日射とは太陽からの放射エネルギーを表します

 

風:自然の風を取り入れる

地窓、高窓。風が吹いていなくても風を流す方法をご存じでしょうか?

温度差による熱の移動を利用すれば風をつくることが可能です。

 

ただ断熱性能の高い家をつくるよりも、ただ気密性能が高いだけの家をつくるよりも、自然の力をふんだんに取り入れ、風を感じる快適な家をつくることが重要です。

エネルギーのロスが少なく、更に自然を感じることができるのです。

パッシブデザインの家は、一生涯かかる光熱費を削減し、

太陽の光と自然の風を取り入れることで、気持ちの良いエコな暮らしができるのです。

資料請求

自然素材と高性能住宅が実現する、
おいしい空気を生み出す家づくりを知りたいあなたに。

明友建設の家づくりにご関心をお持ちいただきありがとうございます。

明友建設の家づくりをもっと深く知っていただけるように、資料をお送りいたします。
家づくりにとって、本当に大切なことばかりをお伝えするための資料です。

明友建設の資料をご請求いただき、他社の資料と比較検討するのにもお役立ていただければと思います。

資料をお読みいただき、興味を持っていただけたら、モデルハウス「石神井台所」においでください。
実際の建物を見て、触れて、感じてみてください。
わたしたちが、空気にこだわっていることが体感できます。

モデルハウスに行く前に、先ずは資料を見てからというかたも、お気軽にご請求ください。

みなさまが家づくりに成功されることを願っております。

資料は郵送ですぐにお送りいたします。
資料をお送りいたしましても、電話営業や訪問営業はいたしません。
イベントや見学会などのご案内をメールまたはお手紙でご案内することがございます。

※同業者の方の資料請求はご遠慮ください。
※施工範囲は練馬区東大泉の当社よりクルマで1時間圏内です。
※遠方からの資料請求の方は、お手数ですが資料請求の理由を備考欄にお書き添えください。

 

資料請求のお申込み
お電話での資料請求も承ります

※電話に出たスタッフに
「明友建設の資料がほしい」とお伝えください。

お電話でのお問い合せ 0120-593-678 
電話受付時間:10:00-17:00 (祝日を除く毎日)
資料請求フォーム

    当社商品で興味のあるものをお選びください
    (※必須)
    複数回答可

    お名前(※必須)

    フリガナ(※必須)

    メールアドレス(※必須)

    ご住所(※必須)郵便番号 ご住所

    電話番号(※必須)

    備考

    ※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

    確認しました

    プライバシーポリシー