冬の空気。パッシブデザイン

パッシブとはアクティブの逆の意味。
機械を活発(アクティブ)に使わず、自然エネルギーを受動的(パッシブ)に取り入れる。
建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し,快適な 室内環境をつくりだす手法がパッシブデザイン。
設計計画において冬の晴れた日は、20℃の部屋を夕方まで20℃に保つことができます。
20160211_1513489

南側に直射日光を取り入れて、天然石の土間を温めます。

昔から陽だまりと言う暖かな言葉があります。

なにか気持ちよくなり眠たくなるような言葉です。熱源はこれだけでOK。

そして・・・
20160211_1513496

この吹抜けを通って暖かい空気がまず二階へと上がっていきます。

同時に部屋にも流れます。そして・・・

20160211_1513503

ロフトへと到達します。

上がってきた暖かい空気の分、少しだけ温かい空気が下へと階段を通じて下りていきます。
すると・・・

20160211_1513509

少し暖かい空気が奥の部屋まで届きます。
これを繰り返し繰り返しゆっくりとした速度で室内の空気が均一になり、温度差の少ない快適な空間が出来上がります。

20160211_1513511

これが機械に頼らないパッシブな仕組みです。
信じられないかもしれませんが本当にこのようになります。

実際に、石神井台所へいらしたお客様は驚かれて帰ります。

ぜひ、体感しに来てください。

予約不要の見学会も、毎月開催しています。