「建築中ですか?」「いいえ、解体中の写真です」

約20年前に、SW(スーパーウォール)工法で建てた家の解体中の写真をご覧ください。

 

あるスーパーウォール工法で建てている工務店からお聞きした話です。

20年前に建てた家ですが、道路計画のため、残念ながら解体することになったそうです。

もったいないですね。

 

解体前に、壁をはがしてみました

中はどんな状態なのか。

ちょっともったいぶっています

 p1100064

え?

 

p1090967

 

きれい!

これ、「解体」するときの写真ですよ。

繰り返しますと、築20年です。

 

通りがかった人から

「今建てているところですか?」

と聞かれたほどだそうです。

 

明友建設としても、スーパーウォール工法で間違いなかった!と再認識しました。

これはみなさんにお知らせしなくては・・・と写真をいただきました。

 

きれいに残っている家もある一方で、10年も経っていないのに、壁を剥がしたらカビだらけになっている家もあります。

断熱材が劣化したり下の方に下がって、断熱の意味がなくなっていたり、

木の部分がカビからいずれ朽ちてくる可能性もあり、躯体の耐久性や耐震性に問題が生じることもあります。

せっかく建てる家なのに、そうなってしまってはショックですよね。

 

失敗しないために、どうしたらいいのでしょうか。

 

明友建設では、構造見学会を開催しています。