「引渡し式」と「綱込め式」も!

先月、S様邸がお引渡になりました。

お約束のテープカットをして・・・

「できあがった家を見て、これは想像以上でしたね。
これはすごい!やりすぎたかなと(笑)

 

お客様の声はこちら→

 

お施主様ご夫婦と、明友建設スタッフ、職人、協力業者みんなで。

みんな笑顔でとてもいい写真!

 

綱込め式!かっこいい!

↑ 柱の「背割り」部分に縄を入れる「綱込め式」をやります!

「背割り」とは、檜などの木材を乾燥する際に生じる割れをふせぐため、あらかじめ写真のような「割り」を入れることです。

今回は、ここに、縄を入れます!

ご主人と奥様が、木槌でたたいて、縄を入れていきます

 

仕上げは棟梁。キマッてます!

薪ストーブがステキ

楽しみにしていた薪ストーブ。

引渡しの数週間前、(2月中旬) ご主人によって、記念すべき初めての火を入れました。

 

薪ストーブは、私たちも楽しみの一つでした。

ご主人のご挨拶の時、

「 私たちにとって確実に終の棲家になると思いますが、
子ども、次の代、100年、それ以上大切に住まわせていただきたいと思います。」

と、ありがたいお言葉をいただきました。

ここからがおつきあいの始まりです。

どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

この家の施工例はこちら→