涼しさのポイントは遮熱!

断熱だけでは抑えられない熱

家の中が暑くなる理由は、太陽からの強い日差し(赤外線)の輻射熱によって、住宅そのものが熱せられてしまうことにあります。

ポイントのひとつは断熱です。断熱材は熱伝導を抑え、外の空気が家の内側に伝わりにくいのです。

しかし、真夏の強烈な日差しは、壁や屋根が少しずつ熱を蓄積し、断熱材自身が熱源となってしまうのです。

断熱だけでは、真夏の暑さは抑えられないようです。

だから熱を伝えにくい2重構造」がポイント

 

太陽の輻射熱を断熱材に直接伝えなければいいわけです。そこでポイントとなるのが『空気層』です。

この『空気層』に一番効果的なつくり方として”空気の通り道”をつくる。

そこに住宅用の遮熱シートで家をすっぽり覆うことで、熱を跳ね返し伝えにくくします。

 

壁の遮熱

壁は通常 「透湿防水」機能のあるシートが張られます。

防水効果はありますが、それだけでは遮熱効果がありません。明友建設では、透湿防水に加え、「遮熱」の機能を兼ね備えたシートを採用しています。

 

遮熱って、冬はどうなの?

防災グッズに入っている体に巻くアルミ泊!?

自分の体温で温かく感じるのと同じように部屋の中でも温かく感じる

アルミは熱損失が少なく、室内の暖かさを保温することができます。

断熱性に優れた家だからこそ遮熱シートの役割が発揮されます。

ただ貼ればいいっていうわけじゃないんです

正しく施工しないと、壁が結露してしまう可能性もあります。

明友建設では、「屋根や壁の中のどの部分に入れるのか?」 「通気の確保を同時に行うこと」 など

細かな決めごとがあり、徹底しています。

 

遮熱+断熱+気密+パッシブ+自然素材

・・・全部大切!

例えば、夏と冬のそれぞれの太陽高度を計算して庇をつけることで、夏は陽が入らず、冬は暖かな日差しが入ります。

風が流れるよう窓の大きさや向きを設計することも大切。

さらに、無垢の床は、湿気を吸収するため、裸足で歩いても足の裏がベタベタしません。

これらがすべてあってこそ、夏涼しく、冬は暖かい家になると考えます。

 

実際に見る!体感できる構造見学会

構造、断熱材、遮熱シートは、見えない部分にあるため、完成すると見えなくなってしまいます。

でも、一番大切なのは、その見えない部分ではないでしょうか?

 

明友建設では「構造見学会」で実物をご覧いただくことが可能です。

また、涼しさ、冬は暖かさを、建築途中の段階でも体感できます。

ぜひ、構造見学会にご来場ください。

資料請求

自然素材と高性能住宅が実現する、
おいしい空気を生み出す家づくりを知りたいあなたに。

明友建設の家づくりにご関心をお持ちいただきありがとうございます。

明友建設の家づくりをもっと深く知っていただけるように、資料をお送りいたします。
家づくりにとって、本当に大切なことばかりをお伝えするための資料です。

明友建設の資料をご請求いただき、他社の資料と比較検討するのにもお役立ていただければと思います。

資料をお読みいただき、興味を持っていただけたら、モデルハウス「石神井台所」においでください。
実際の建物を見て、触れて、感じてみてください。
わたしたちが、空気にこだわっていることが体感できます。

モデルハウスに行く前に、先ずは資料を見てからというかたも、お気軽にご請求ください。

みなさまが家づくりに成功されることを願っております。

資料は郵送ですぐにお送りいたします。
資料をお送りいたしましても、電話営業や訪問営業はいたしません。
イベントや見学会などのご案内をメールまたはお手紙でご案内することがございます。

※同業者の方の資料請求はご遠慮ください。
※施工範囲は練馬区東大泉の当社よりクルマで1時間圏内です。
※遠方からの資料請求の方は、お手数ですが資料請求の理由を備考欄にお書き添えください。

 

資料請求のお申込み
お電話での資料請求も承ります

※電話に出たスタッフに
「明友建設の資料がほしい」とお伝えください。

お電話でのお問い合せ 0120-593-678 
電話受付時間: (祝日を除く毎日)
資料請求フォーム

当社商品で興味のあるものをお選びください
(※必須)
複数回答可

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)郵便番号 ご住所

電話番号(※必須)

備考

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

プライバシーポリシー