耐震・高気密・高断熱・省エネ・・・性能は「こだわり」というより「当たり前」

先日、社長の池田が、いつも建材を仕入れている業者のAさんから質問をされました。

 

業者のAさん「明友さんのこだわっているところはどこですか?」

社長 「 こだわりは、自然素材や健康な家というところだね。

     やっぱり家族が健康じゃないと。」

Aさん「性能面のこだわりは?耐震とか、省エネとか」

社長 「 うちで建てる家は、かなりレベルが高いですよ。

     今建ててる家は長期優良住宅で、耐震等級3で云々・・・

     こだわり というか、それが当たり前の基準

 

そうなんです。

この当たり前の性能は、明友建設創業当時からのこと。

だってせっかく建てるのに、寒い家じゃ住みたくないでしょ

と池田は言います。

絶対に必要なことは、当然のこととして設計・施工してきました。

 

「エコ」「耐震」「高気密・高断熱」といった言葉が世の中にあふれています。

今家づくりを考えている方は、

「まあ、”耐震” とか ”エコ”って謳ってるから、どこで建てても大丈夫でしょ」

と思ってはいませんか?または

「どのくらいのレベルなら安心で快適っていえるのかな」

とわからない方も多いのではないでしょうか?

 

明友建設では、ひとつひとつに根拠があります。

なぜ「気密性が大事」なのか

なぜ「スーパーウォール工法」を採用したのか

・・・等、なぜ?にこたえることができます。

明友建設の住まいづくり→

 

ホームページでは、詳しい部分までなかなか伝えきれません。

見学会や勉強会にお越しいただく理由のひとつとして

よい家の基準がわかる」ことがあると思います。

ぜひ一度、「完成見学会」や「勉強会」にお越しください。

こちらでイベント情報をチェックしてくださいね。

イベント情報→

資料のご請求もお気軽にどうぞ。

4/22(土)・23(日)完成見学会を開催します【武蔵野市関前】