【現場レポート】 塗り壁の技術がすごい

武蔵野市関前の現場です。

周辺は桜が満開でした。

4月22日、23日は、こちらの現場で完成見学会を開催します
http://www.meiyu-k.co.jp/2428.html

 

細かなところまで決められるのが注文住宅の醍醐味ですね。

もうすぐ完成するS様邸は、現在こんな感じです。

 

このベランダの茶色い部分、木に見えますよね。

実は、木ではなくて、塗り壁!

コテで樹の皮の模様を描く技術なんです。

そのほかの外壁の白い部分も、同じ素材の塗り壁です。(石神井台所も同じものを使っています。)

左官職人ってすごい!!

塗り壁のおもしろいところは、晴れの日、曇りの日、雨の日と、天気によって表情が変わるところ。

愛着もわいていくことと思います。

 

内装は現在、珪藻土を塗っています。

今度、ご家族で壁に手形をつけるそうです

 

珪藻土も、いろいろな模様を付けられます。

絵を描かずに普通に塗るだけでも、とても難しいそうですよ。

(ホームセンターで売られている珪藻土は一般の人が塗りやすいように加工されています)

 

 

床の写真はありませんが、床板は無垢のアカシアです。

弊社のモデルハウスではアカシアは使用していないため、

お客様と一緒にショールームへ行き、自ら選ばれたものです。

 

カウンター上のタイルもお客様が選びました。

センスの良さを感じます。

 

設計面でもいろいろな工夫をしました。

現在まだ工事中ですが、完成はもうすぐ。

どうなるのかとても楽しみです。

4/22(土)・23(日)に、このお家で、完成見学会を開催します。

お客様のお家をお借りしているため、開催は2日間だけです。

お見逃しなく!

4/22(土)・23(日)完成見学会を開催します【武蔵野市関前】