無垢材の感触を確かめるために

先日、無垢材の感触がどうなのかを知りたいと、石神井台所にお客様がいらっしゃいました。

赤松(パイン)の床 石神井台所

明友建設で採用している床材は、桐・杉・赤松(パイン)の無垢材です。なぜこの3種類を採用しているのか?理由があります。

この樹種に共通して言えることは、空気層が多いため、暖かく、柔らかい素材ということ。

節のない杉床。無節の床材は価格が高いのですが、直接買い入れることのできるルートを確保。お客様に提供できる価格になったため、はじめて石神井台所で採用しました。

傷がつきやすいんじゃないですか?とよく言われます。

はい、柔らかいので、堅い木や、合板に比べると、傷・へこみはつきやすいです。

ではどうして、傷つきやすいのに採用しているの?

実は、最初にモデルハウスを建てる時、社内でも「たくさん人が来る場所だから、オーク材など堅い木のほうがいいのかもしれない」と思い、実際に比べてみました。

オークだったか、ナラだったか・・・堅い木のサンプルを触った瞬間、

やっぱり柔らかい木のほうが気持ちいいね!

全員一致で、いつも使っている桐と赤松に決定しました。

靴を履いたまま使う店舗などには堅い木が向いていますが、一般の住宅は靴を脱いで生活するところ。だから、明友建設では、傷よりも感触を優先させました。

明友の住まいづくり→ をご覧ください

実際に明友で建てた家に住まわれているお客様のお宅でも・・・

「息子はよく床にべた〜っとへばりついています。最初にその姿を見た時には驚いて、どうしたの?と聞いたら、”だって、気持ちい〜んだもん”って。」(Instagramより)

明友建設で建てたお客様のお家では

「床暖房入っているんですか?」

と言われるそうです。無垢材を使っているだけで、床暖房は入っていないお家での話です。

石神井台所でもご来場いただいた方によく言われます。

先日ご来場いただいたお客さまも、「木は冷たいイメージがあったけれど、あったかいんですね」と驚かれていました。

・傷がついたらどうやってメンテナンスするの?

・価格はどれくらいするの?

なかなかホームページだけでは書ききれないので、気になる方は、ぜひ一度、石神井台所へお越しください。

見学会は、毎月第一日曜日 → 石神井台所見学会

資料請求

自然素材と高性能住宅が実現する、
おいしい空気を生み出す家づくりを知りたいあなたに。

明友建設の家づくりにご関心をお持ちいただきありがとうございます。

明友建設の家づくりをもっと深く知っていただけるように、資料をお送りいたします。
家づくりにとって、本当に大切なことばかりをお伝えするための資料です。

明友建設の資料をご請求いただき、他社の資料と比較検討するのにもお役立ていただければと思います。

資料をお読みいただき、興味を持っていただけたら、モデルハウス「石神井台所」においでください。
実際の建物を見て、触れて、感じてみてください。
わたしたちが、空気にこだわっていることが体感できます。

モデルハウスに行く前に、先ずは資料を見てからというかたも、お気軽にご請求ください。

みなさまが家づくりに成功されることを願っております。

資料は郵送ですぐにお送りいたします。
資料をお送りいたしましても、電話営業や訪問営業はいたしません。
イベントや見学会などのご案内をメールまたはお手紙でご案内することがございます。

※同業者の方の資料請求はご遠慮ください。
※施工範囲は練馬区東大泉の当社よりクルマで1時間圏内です。
※遠方からの資料請求の方は、お手数ですが資料請求の理由を備考欄にお書き添えください。

 

資料請求のお申込み
お電話での資料請求も承ります

※電話に出たスタッフに
「明友建設の資料がほしい」とお伝えください。

お電話でのお問い合せ 0120-593-678 
電話受付時間: (祝日を除く毎日)
資料請求フォーム

当社商品で興味のあるものをお選びください
(※必須)
複数回答可

お名前(※必須)

メールアドレス(※必須)

ご住所(※必須)郵便番号 ご住所

電話番号(※必須)

備考

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

プライバシーポリシー