先に土地探しをするのはNG

家づくりは、資金確定 → 土地 → 建物の順番で!

家づくりは、何から始めたらいいか迷う方が多いです。

ひとつずつ進めていかないと、資金と土地と建物の間を行ったり来たり、家づくりが進まなくなってしまいます

1.資金を確定させる

土地と建物に、いくらかけられるのかをはっきりさせます。

だいたいこれくらいかな?というアバウトな予算ではなく、しっかり資金計画をしましょう。

生涯の資金計画がポイントです。80歳までの収入と支出を算出し、毎月いくらだったら無理なくローンの返済していけるかがわかります。

これにより、旅行などの余暇を楽しみながら、毎月の家計の心配や、老後の心配もなくなります。

※ 「資金計画」は、プライベートなお金のことなので、セミナー形式ではなく、個別のご相談で承ります。電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください

2.自分の理想の建物をはっきりさせてから、土地探しを!

先に土地を探しに不動産屋さんへ行ってしまう方が多いですが

「自分が夢見た家はどういう家か?」「いくらかかるのか?」をしっかりわからないまま進んでしまうと、気がついたら建物にかけるお金が少なくなってしまって、理想の家が建てられなくなるというケースが多々あります。これでは本末転倒です。

100%理想の土地は、資金に制限があるためなかなかないものです。

どこかで妥協をしないといけないのですが、なかなか判断できません。

そこで、自分の理想の家がハッキリ決まっていれば、土地の選択肢が絞られてくるのです。

まずは、自分自身を知る上で理想の家を考えてみましょう。

● 理想の家ってどんなのだろう?

自身が考える理想の家に加えて、家に関する知識が必要になってきます。

家を建ててから「失敗だった」と後悔しないために、家のことを勉強しましょう。

詳しいことは、「家づくり はじめの一歩」にてお話しています。

家づくりはじめの一歩」では、理想の家とは?の他に、土地の探し方、お金のことなど、裏話を交えてお話しています。

ぜひご参加ください。

20160313_1544876